フィリピン留学で人気のエリアはどこか

フィリピン留学は価格が安く日本から比較的近い国であることから人気の留学先となっていますが、様々な都市があるためどこに留学をしたらいいのかわからない方が多いと思います。
そこでおすすめのエリアとしてまずおすすめなのがマニラです。
マニラはフィリピンの首都であり最大の都市でもあるため現地のビジネスマンや住んでいる日本人が多く勉強以外にも様々なことを経験することが可能です。
さらに最大のショッピングセンターがあり生活をしていく上で不便に感じることもありません。
自然がありながら利便性も求めている方や短期間の留学でフィリピンに行くのならマニラはおすすめです。
続いてのフィリピン留学でおすすめのエリアはセブです。
セブはフィリピンの都市の中でも特に知名度が高いので知っている方や興味のある人は多いかもしれません。
なぜセブが人気なのかというと先生の質が高いことに定評があり、ビーチが近いリゾート地が近くにあることが理由として挙げられます。
フィリピンは英語に独特のイントネーションがあり綺麗な英語を習得することが難しいのではないかと感じる方もいるかもしれません。
しかしセブは外国人に慣れている人が多くマイクロソフト、IBM、米シティバンクなどのコールセンターがあるため、綺麗な英語を話す人がほとんどです。
実際にコールセンターで受け答えをしており教師をするために転職をしたというケースも多いので綺麗な英語を取得したいと考えている方にはセブはおすすめです。
勉強面以外にもビーチや綺麗な島が近く土日はビーチやダイビングに友達と一緒に繰り出すことが出来る点が楽しみの1つです。
マニラに比べると物価も治安も良く観光客も多いのではじめて留学をするため不安なことがたくさんある方にはおすすめです。
他の都市と比べても語学学校がたくさんあるため自分のニーズに合った学校を見つけやすいことも人気の理由になっています。続いてフィリピン留学で人気のあるエリアはカントリーサイドのバギオが挙げられます。
バギオはマニラやセブのような都会ではないので買い物をしたり遊んだりするのには少しもの足りない感じはありますが、勉強をしたいという方には向いているエリアです。
日本人や観光客も他に比べると少ないので日本人がいるとどうしても日本人と一緒に固まってしまう、日本語を使ってしまうという方にはバギオはおすすめです。
またスパルタ教育を行っている学校もあるので英語の勉強を第一優先に考えたい方には向いていると考えられます。
続いてはクラークというエリアで先程紹介したバギオと似たような環境です。
バギオと同じくカントリーサイドに位置しているため平日は勉強に集中することが出来る一方で休日は学校の皆と世界遺産のある場所まで旅行したり、クラーク空港が近いのでLCCに乗って安くで近隣のマレーシアや香港まで遊びに行くことが可能です。
意外と遊びにいきやすいのが魅力の1つです。
このように都市とカントリーサイドのどちらにも人気のエリアはあるので何を第一優先にするのかによって変わってくると考えられます。
マニラは平均をするとフィリピン留学の中で高い水準に位置しますし人との出会いにも恵まれています。
セブは学校の質が良く量も多いこと、アクティビティが豊富なのでどちらも楽しみたいという方に人気があります。
勉強もしたいけれど留学でしか出会えない友達作りや経験もたくさんしたいという方はマニラやセブのような都市がおすすめです。
一方で普段は勉強に集中して土日や余裕のある時に遊びにいきたいという方にはカントリーサイドにあるクラークやバギオがおすすめです。
ただし都市と比べると学校の数が少ないので自分が学びたいことが出来るかどうかをしっかりと判断してから留学に行く様に心がけましょう。